貴金属に対する刻印の数字で純度が分かる

貴金属には、必ず純度があります。いわゆる18金などの表現が使われる事もたまにあるでしょう。その他にも24金や10金などの数字もあります。
この数字が高いほど、貴金属としての価値も高まる訳です。ですから上記の3つの金の中では、24金が一番価値が高いという事になります。
それは何も金だけではありません。貴金属と言っても、様々な種類があるでしょう。金に限らず、プラチナなどの金属もあります。
それでプラチナの場合は、PTという単位で表現されているのです。950や1,000などの数字で表現されますが、考え方は上記の金と同じです。その数字が大きくなるにつれて、価値も高まる訳です。
どこで上記のような数字を確認できるかと言うと、貴金属のアクセサリーなどに対する刻印です。アクセサリーを細かく確認してみますと、必ずどこかに数字が刻まれています。18金でしたら18Kと刻印されていますし、24金ならばK24といった具合です。ですから自分が保有している貴金属のアクセサリーの価値が気になる時には、刻印を確認してみると良いでしょう。
ちなみにその数字は、売却価格などにも関わってきます。そもそも貴金属は、たまに何かの理由で買い取り手続きも行われているのです。一時期は何かの理由で購入した貴金属アクセサリーも、たまに不要になってしまう事はあるでしょう。もちろん買い取り金額は、アクセサリーの価値で判断される事になります。その買取額の目安を知りたい時にも、上記の数字が参考になる訳です。