2017/05/20 16:01:20 |

貴金属は、見た目は大切なポイントになります。アクセサリーに対しては貴金属も使われていますから、その見た目が重視される事は間違いありません。もちろん見た目は良い方が望ましいのです。
ところが貴金属の見た目は、たまに微妙になってしまう事があります。特に一定年数を経過した貴金属などは、その傾向が顕著です。
というのも物品には経年劣化があります。長い間物品を保管し続けていると、どこかのタイミングで劣化も生じてしまう訳です。
分かりやすい例を申し上げると、鉄です。もちろん鉄も金属の1つですが、長らくそれを空気中に放置しておくと、自然とサビが生じてしまうでしょう。いわゆる酸化反応が生じているからです。
そのサビという要素は、貴金属とも無関係ではありません。やはり貴金属のアクセサリーをしばらく放置しておきますと、サビが付いてしまう事があります。
では貴金属にサビが付いた時はどうすれば良いかと言うと、基本的には研磨剤が推奨されるでしょう。サビを落とす手段は、研磨剤以外にも色々あります。しかし研磨剤以外で落とす事を試みますと、かえって貴金属に傷が付いてしまう事もあるのです。価値を下げてしまう原因になりますから、研磨剤が一番良いでしょう。
ただし研磨剤を使って貴金属のサビ落としをするにしても、力の入れ具合などは注意を要します。柔らかい布などを使って研磨する訳ですが、あまりにも力を入れすぎてしまいますと、貴金属に傷が付いてしまうからです。できる限りソフトタッチで研磨するのが望ましいでしょう。

2017/05/18 19:49:18 |

貴金属は、とてもデリケートな一面があります。普段からの保管環境などは、くれぐれも気を付けた方が良いでしょう。
というのも貴金属は、たまに色が変わってしまう事があります。周辺の様々な液体や気体などの要素で、あまり良くない色に変わってしまう事もあるのです。
例えば薬品などが近い場所は、気を付けた方が良いでしょう。仮に貴金属に対して、何らかの液体状の薬剤がこぼれてしまったとします。その場合、金属の変色が生じてしまう事はあるのです。
薬剤によっては、貴金属との相性があまり良くない事もあります。化学反応が発生してしまい、貴金属の状態が悪くなる事もありますから、注意が必要です。
ですから保管場所は要注意です。化学反応が起こり得る場所には保管しない方が無難です。
それと普段からの着用頻度も注意を要します。それを着用しますと、やはり金属に対して色々なものが付着してしまう事は確実です。手から分泌される物が、貴金属に付着してしまう事はよくあります。また外出した時に上記のような薬剤が、指輪にこぼれてしまう事もあるでしょう。もちろんそれは、貴金属の変色を招いてしまうのです。
ですから貴金属のアクセサリーは、不要な時は着用しない事も肝心です。人によっては常にアクセサリーを着用していますが、それはダメージを蓄積する一因になります。特にアクセサリーを見せる必要が無いタイミングでは、できるだけ貴金属の指輪などは外しておく方が良いでしょう。

2017/05/15 17:01:15 |

物には経年劣化という要素があります。長い間物品を使い続けていると、どこかのタイミングで劣化してしまう訳です。
鉄などはその1つです。身の回りには様々な鉄製品がありますが、それを長く使い続けていれば、だんだんサビ付きが生じてしまうでしょう。いわゆる酸化反応が生じてしまうからです。ですから鉄製品を長く使い続けたい時などは、保管状況には注意を要します。
ところで、それは何も鉄だけではありません。貴金属にも同じ事が言えます。貴金属を長く使っていれば、何らかの劣化状態が生じる事はあるのです。
銅など分かりやすい例です。10円玉を長らく財布の中に保管しておくと、独特の緑色の粉末が生じてしまう事があります。上記のサビ付きとは少々違うのですが、いわゆる劣化の1つである事は間違いありません。
その他にも、銀などの金属も劣化する事はあります。長い間銀を使っていると、黒い色に変色する事も多々あるのです。それは銀の価値を比較してしまいますから、劣化には注意を要します。
しかし中には劣化に強い貴金属もあるのです。ゴールドなどはその1つです。
金は数ある金属の中でも、腐食に一番強いと言われています。現に金を自宅に保管していても、そこまで大きな劣化が生じない事も多いです。その劣化に対する強さゆえに、身の回りの多くの品物に対して、何気なくゴールドという金属が使われている事も多いのです。
しかし、さすがの金も長く使っていれば、どこかで劣化は生じます。程度の差はあっても、貴金属はそれぞれ劣化する性質はあるのです。

2017/05/13 17:42:13 |

一昔前までは金を含めて貴金属の価値があまりないと言われていた時期がありました。
それは一時期金の相場が暴落して金はそれほど価値がないと思われていたからです。

 

ですが、最近は金の相場も上がってかなり高値で買取してもらえるようになりました。
それは金の需要が世界的に上がっていて金の価値も上がっているからです。

 

また金だけでなくいろんな貴金属の需要が高まっていてその相場が高くなっています。
なので貴金属の相場は最近はいろんな物が上がっています。

 

なので最近はいろんな貴金属を狙って無理やり買い取ろうとする悪質な業者も出てきています。それは最近よく聞く押し買いというやつです。

 

家に不要なものはないかと電話してきて最初は本当に不要な物を買取してもらえるかのように振る舞って本来買取したいと思っている貴金属の買取を提案してきます。

 

それでいくらこちらが貴金属は買取してもらわなくても良いと言ってもせっかく家に無料で
不用品の買取に来てくれたと思ってしまってついつい貴金属を出してしまいます。

 

それで査定をしますがもちろんその査定はでたらめで相場よりもはるかに安い金額で買い取ると言ってきます。

 

そん時も貴金属に詳しくない素人だとそのくらいにしかならないと思ってしまって
その金額で買取に応じてしまいます。

 

もちろんそれで納得はしていなくてもなんとなくそれで買い取ってもらうしかないと思ってしまって安いと思っても買取してもらう事になってしまいます。

 

それを避けるためにも別に買い取ってもらう気もない貴金属の買取査定に応じないのが良いです。

 

《貴金属買取体験談》

貴金属のアクセサリーを、あるお店に買取をしてもらったら、びっくりするぐらい安かった…
買取をしてもらった後に、なんと貴金属のアクセサリーを高く買取ってもらう方法を知ってしまった。もう遅いんだけど…
貴金属買取売る.com

2017/05/12 10:01:12 |

貴金属には、必ず純度があります。いわゆる18金などの表現が使われる事もたまにあるでしょう。その他にも24金や10金などの数字もあります。
この数字が高いほど、貴金属としての価値も高まる訳です。ですから上記の3つの金の中では、24金が一番価値が高いという事になります。
それは何も金だけではありません。貴金属と言っても、様々な種類があるでしょう。金に限らず、プラチナなどの金属もあります。
それでプラチナの場合は、PTという単位で表現されているのです。950や1,000などの数字で表現されますが、考え方は上記の金と同じです。その数字が大きくなるにつれて、価値も高まる訳です。
どこで上記のような数字を確認できるかと言うと、貴金属のアクセサリーなどに対する刻印です。アクセサリーを細かく確認してみますと、必ずどこかに数字が刻まれています。18金でしたら18Kと刻印されていますし、24金ならばK24といった具合です。ですから自分が保有している貴金属のアクセサリーの価値が気になる時には、刻印を確認してみると良いでしょう。
ちなみにその数字は、売却価格などにも関わってきます。そもそも貴金属は、たまに何かの理由で買い取り手続きも行われているのです。一時期は何かの理由で購入した貴金属アクセサリーも、たまに不要になってしまう事はあるでしょう。もちろん買い取り金額は、アクセサリーの価値で判断される事になります。その買取額の目安を知りたい時にも、上記の数字が参考になる訳です。